ビーグレンとケラー博士

私たち女性の多くは、様々なスキントラブルを抱えています。それは年齢を重ねて行けば、ドンドン増えてきますよね。

大人ニキビ・シミ・くすみ・たるみ・シワ・毛穴の開き・毛穴の黒ずみなど、その悩みを数えればキリがありません。そんな様々なスキントラブルにお勧めなのがビーグレンです。ビーグレンはアメリカカリフォルニア生まれのスキンケア化粧品。

この化粧品を開発したのは、ドラッグデリバリーシステム(浸透技術)の第一人者ブライアンケラー博士です。このドラッグデリバリーシステムにより、奥様のためにケラー博士が作った一つの美容液が、ビーグレンの始まりだったのです。

「ドラッグデリバリーシステム×化粧品=薬のような効果のある化粧品」を目指して作られたビーグレンは、ケラー博士独自のキューソームというテクノロジーを開発。

このキューソームとは、コラーゲン・ヒアルロン酸・ビタミンC・ペプチドは水にしか溶けない成分であり、脂に覆われた肌に成分を浸透させるためにはテクノロジーが必要だったのです。しかし今までのテクノロジーでは、安定性がないために化粧品に使うには難しいと言われていました。

しかしケラー博士の考えたキューソームは、安定性に優れている・製造工程がシンプルで大量生産ができる・製造コストや安い、ということを実現できるテクノロジーなのです。

しかし日本人女性の肌は、欧米女性の肌よりも敏感なために、日本人女性用へと更なる研究開発をし、2006年にビーグレンは日本で初めて発売になったスキンケア化粧品です。

その浸透技術の効果により、今では様々なスキントラブルを抱えている女性から大きな支持がある化粧品です。お肌に悩みがある方は、是非試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

return top